鍵交換前に確認!日々の習慣で見る紛失の原因

鍵をなくしやすいなら鍵をなくさない工夫をしてみよう 鍵をなくしやすいなら鍵をなくさない工夫をしてみよう

鍵をなくしがちな人がやっていること

鍵交換の高い費用で泣き寝入りしてしまわないためにも、日々の習慣を変えることが大切です。そもそもどうして鍵をなくしやすいのか、紛失の原因を見てみましょう。

鍵をなくす原因

鍵を小分けにしている
鍵を小分けにしているとどこに置いたかわからなくなって、紛失の原因になります。一つずつキーホルダーをつけたうえで決まった場所にまとめておくと、うっかりなくすリスクが低くなります。一カ所に鍵をまとめるとわかりやすいのは家の中でも同じなので、玄関やリビングなど特定の場所にまとめましょう。上着のポケット、鞄の中などに放置したまま翌日を迎えると、すぐに見つからないので困ることも多いです。ポケットにあるのを忘れて洗濯機に入れてしまうなど鍵はなくしやすいので、ひとまとめにして保管しましょう。また、外出するときには、鞄の中で鍵の定位置を決めておきます。車の鍵を出したときには自宅の鍵もあること、自宅の鍵を出したときには車の鍵もあることを一緒に確認していくと、盗難リスクも防止できます。
上着に鍵を入れている
スーツやパンツのポケットに鍵をしまっていることも、なくしやすい原因です。ハンガーにかけたタイミングなどにポケットからこぼれ落ちても、急いでいるときは気付きません。スーツのジャケットをジムのロッカーにかけている間に鍵を盗まれる、などの被害にも遭いやすく、空き巣被害が不安になります。鞄の決まったポケットなど鍵を出し入れする時以外は触らない場所にしまっておくと、紛失防止になるでしょう。小学生の子供たちで首から鍵をさげている姿を見かけますが、「肌身離さず持ち歩く」という観点では合理的な対策です。大人にしても紛失防止の基本は同じなので、バッグに結ぶなど目立ちにくい方法で、無理なく続く自分なりの対策を考えてみましょう。

悪い習慣・行動を止める

鍵をなくしやすい人は、習慣に問題が見られるケースが多いものです。日常生活を見直すことで紛失防止につながるかもしれません。  

TOPボタン