鍵交換業者がアドバイス!鍵紛失を防げる鍵の管理方法

鍵をなくしやすいなら鍵をなくさない工夫をしてみよう 鍵をなくしやすいなら鍵をなくさない工夫をしてみよう

鍵の管理方法を工夫する

万が一のことがあったときにも困らないように、鍵の管理方法の工夫が大切です。専門業者が推奨する鍵の管理方法を紹介します。

業者に聞いた鍵の管理のポイント

合鍵作成をするためにも、元鍵はしっかり保管しなければなりません。(鍵交換業者)

鍵を保管する場合に特に気をつけたいのが「元鍵」の管理方法です。種類によっては合鍵を作りたいと思ったときに元鍵がないと難しいケースがあるため、自宅で大切に保管しましょう。人目につきやすい場所は避けて、自宅の貴重品ボックスなどでの管理をおすすめします。元鍵には鍵番号がついていて人目につくと空き巣被害が心配なので、日常使いは合鍵を検討します。合鍵の表面を見ても元鍵のようなナンバーがないはずなので、簡単に区別がつくでしょう。元鍵をなくしてしまった場合はなるべく早めに鍵交換業者に相談して、必要な対処を急いだほうがいいです。

家族が多いからと言って郵便受けや室外機の下に置くのは止めましょう(鍵交換業者)

郵便受けや室外機の下などわかりやすい場所に鍵を置くのは、空き巣に「入ってください」と誘導するようなものです。プロの空き巣なら誰もが思いつく場所から鍵を探すのは当然で、置き場所が分かってしまうと、すぐターゲットになるでしょう。他の場所に隠すにしても、家族が帰宅したところを観察している場合もあるので要注意です。また、外に鍵を置く行為は鍵を劣化させる原因にもなるため、合鍵を持ち歩きましょう。鍵交換業者にセキュリティ対策を相談する方が増えていますが、身近な心掛けがまず重要です。鍵をなくしやすい人がピッキングに強いものに変えても、費用がかさむ一方でしょう。鍵を貴重品と理解して家族で対策を話し合う時間を持つことが、空き巣被害防止の近道と考えてください。

軽視しがちな鍵の管理

2つの鍵

合鍵作り、鍵交換が簡単とは言え、正しい管理方法を守るのが基本です。不正に鍵を複製されて自宅に侵入されるとショックが大きく、金銭的にも精神的にも負担になります。大切な家族の安全を守るためにも、正しい鍵の管理方法を今一度見直してみましょう。

TOPボタン