鍵をなくした時は鍵交換をするのが一番安心!~なくさないための対策法~

鍵をなくしやすいなら鍵をなくさない工夫をしてみよう 鍵をなくしやすいなら鍵をなくさない工夫をしてみよう

鍵をなくしてしまった時にすべきこと

家の積み木と鍵

鍵をなくしてしまった時にはどうすればいいのか、急いで進めたい対処法を見ていきます。二次被害を防ぐため、正しい対処を知りましょう。

鍵をなくした時に行なう対処法

身の回りを探す

鍵をなくしてしまったと青ざめたら、まず一息ついて落ち着きます。ゆっくり鞄の中を探していくとすぐ見つかるケースも多く、早とちりしている状況もあるでしょう。家の中で鍵をなくした場合には、玄関や寝室など普段置かない場所も合わせて、徹底的に捜索します。前日着ていたコートやズボンのポケットから見つかる可能性もあるため、念入りに探してください。

警察に遺失物届けを出す

やっぱり鍵がない場合には、遺失物届を出してください。すでに届いている場合はその場で返してもらえるため、ほっと一安心となるでしょう。鍵の落とし物の報告がまだないのなら、遺失届を提出します。自宅の住所、氏名、鍵の特徴などを記載して、警察に届くのを待ちましょう。旅行先などで鍵を落とした場合には、その地域の交番や駐在所で手続きしましょう。自宅に帰ってから最寄りの警察署に行く方法もありますが、落とした可能性が高い場所の最寄りで処理するとスムーズです。

なるべく鍵交換をする

鍵を拾った相手に住所が特定されてしまうと、空き巣の被害が心配です。なるべく早く鍵交換をすませて、被害拡大を防ぎます。鍵をなくしやすい方は、鍵の表面にマンション名などを書くのをやめましょう。もし、すでにマンション名と部屋番号が書かれたラベルが張ってあるのなら、すぐその場ではがします。また、鍵交換をする場合は24時間365日対応としている業者が多いため、落としてもすぐに行動できます。スペアで自宅に入れた場合も、念のための鍵交換を検討しましょう。

被害拡大を防ぐ

鍵をなくしやすい方だと、紛失しても怖さを感じにくくなってきます。心の隙間を狙って犯行におよぶ空き巣も多いので、正しい対処を急ぎましょう。平行して、鍵を貴重品と考えてできる限りの紛失防止策を考えることが大切です。

鍵をなくしやすい人はコレをしよう!

鍵をなくしやすい人におすすめしたい紛失防止策や、なくさないために実践したいアイディアについてまとめています。自分の身を守るためにも、参考にしましょう。

鍵をなくさない方法

チェーンやストラップを使う
いつも使っているバッグにチェーンやストラップなどのアイテムを取り付けて、鍵をつけるといいです。特に、鈴のついたストラップなど音が出るアイテムなら落としたときにすぐわかるため、うっかりした時も安心です。複数の鍵を一緒につけると、もしものことがあったときに困るので、複数の鍵をまとめてしまうのはやめましょう。
同じ場所に置くようにする
家の中で鍵をなくしてしまうなら、置き場所を決めておきます。玄関周りにフックをつけたりリビングに鍵専用ボックスを置いたりすると、日々の習慣にできるはずです。他のものと同じ場所にしまうと使いにくいため、鍵専用の置き場所を作ってください。人の出入りが多い場所は盗難被害にあいやすいためなるべく避けて、家族だけがわかる収納方法を考えます。
キーホルダーを使う
大きめのキーホルダーをつけるだけでも目立つので、なくしやすい方におすすめです。皮のキーケースなどなら男性でも使いやすく、オシャレに鍵を保護できます。バッグの中にあってもすぐわかるような大きいキーホルダーをつけるほど、なくすリスクは低くなります。チェーンの場合と同じように、鈴などで音が出る工夫をするのもいいでしょう。
TOPボタン